商品情報にスキップ
1 12

商品コード: SKU:23294

23294 人間国宝 三輪休和  (萩焼酒呑) MIWA Kyuwa

23294 人間国宝 三輪休和  (萩焼酒呑) MIWA Kyuwa

売約済

高さ 5.0cm 径 6.5cm

江戸時代初期から萩藩の御用窯として代々萩焼を継承していた三輪窯の9代目当主三輪雪堂の次男として生まれ作陶を始める。 1927年に雪堂が隠居すると三輪窯10代目当主を継承し10代三輪休雪を襲名。 川喜田半泥子、金重陶陽、荒川豊蔵らと「からひね会」を結成し独自の研鑽によって萩焼を開拓し、晩年は弟(後の人間国宝三輪壽雪)に11代三輪休雪を譲ると、自身は三輪休和と名乗りついには萩焼に於いて人間国宝に認定されるなど近代日本陶芸史に多大なる功績を残した巨匠。三輪休和の最上位作となる本作は茶陶に明るく、真摯に萩焼と向き合いながらも古き良き伝統と己のスタイルを融合させた芸術性の高い作品である。 艶やかで変化に富んだ景色と大胆な造芸が実に美しく、三輪休和先生の実力の賜物と言えましょう。



詳細を表示する