商品情報にスキップ
1 10

商品コード: SKU:24205

24205  岡部嶺男 (灰釉盃) OKABE Mineo

24205  岡部嶺男 (灰釉盃) OKABE Mineo

売約済

高さ 5.5cm

径 6.8cm

加藤唐九郎の長男にして幼い頃から陶芸の道を歩み、「永仁の壷事件」を境に幾多の陶芸団体からも脱退。独自の鍛錬と研鑽によって発表された名品の数々は全国の主要美術館に収蔵されるほど。 日本の近代美術史に多大なる功績を残した孤高の天才陶芸家【岡部嶺男】の作品。 岡部嶺男といえば晩年の青磁をイメージする方も多いのではないでしょうか。 しかし唐九郎より受け継ぎ、決別後もその独創的なアイデアと魂踊る陶技によって桃山陶の名品を数多く製作しています。 本作は均整の取れた力強い造形と艶やかな発色が極めて美しい、岡部嶺男の作陶精神の賜物とも言える逸品である。 使い手の心を一心に考えながらも、古き良い桃山陶の美意識を現代に復興させた抜群の作行を示す作品と言えましょう。岡部嶺男の美の真髄が随所に見られる逸品と言えましょう。


詳細を表示する